鳩栗庵について

本来の自分に還り、丁寧に生きる自分を知る処
『鳩栗庵』とは、煎茶道 黄檗売茶流教授の井村霜”鳩”と、うさとのマロンの”栗”原明子でつくるサロン=”庵”のこと。
煎茶道の教室や書のくらぶ活動、各種イベントを開催しており、それらを通じて自己を知り、より丁寧な生き方を学んでいくことができます。丁寧に生きることは、自らに太い柱を立たせ、ブレない、戦わない、冷静な自分を見つけて自らを整え、自分の道を突き進む力になります。
また、自然のエネルギーに満ち溢れている『うさとの服』を纏うことにより、より自然に自分本来の姿が表れてくるようになります。
他にも木彫看板・表札の制作を行っております。
身近に木があるということも私たちの生活が自然ありきということを思い出させてくれ、癒してくれる存在となります。
より自然に沿う加工で看板・表札を制作いたします。
そして、これから生きる上での環境作り、健康作り、様々なことを提案できるよう日々色んなことを学んでおります。

投稿日:

Copyright© マロンのうさとの服と亀田縞の服 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.